仕事を第一に考える

heart

できるだけ好意を隠す

企業の従業員数や男女比は異なりますが、同性ばかりではない限り社内恋愛が発生している可能性は高いでしょう。仕事を通して一緒に過ごす時間が多くなるので、身近な異性として魅力を感じるので付き合うことが多いです。また、他の会社に勤めているよりも出勤や退勤の時刻が似ているため、社内恋愛は続けやすいメリットがあります。しかし、気になる異性へアプローチすることよりも、仕事を第一に考えることが重要です。給与を得るために会社に勤めているわけですから、社内恋愛よりも仕事に集中すべきでしょう。ただ、一生懸命仕事に取り組んでいる姿は自然と異性へのアプローチになっています。また、仕事で評価されるようになって社内で名前を知られるようになれば、好意を持っていた異性の方からアプローチされるケースもあります。気になる異性とやり取りする際、自然と嬉しい気分になってしまい、普段とは異なる声や表情をしていると周囲に好意を持っていることがバレてしまいます。好意がバレてしまうのは仕方ないですが、できるだけ隠すことをおすすめします。理由は同じ異性を狙っている方がライバルとして積極的にアプローチする可能性があるためです。自分がアプローチを仕掛ける前にライバルに先を越されてしまうと悔いが残ります。ですから、社内恋愛は気になる異性がいたとしても、周囲に好意を悟られないようにアプローチを仕掛けるべきです。また、本当に信頼できる同僚にだけ気になる異性がいることを伝えるとアシストしてもらえます。