紹介やお見合い

新郎新婦

自分と似た立場の相手を

晩婚化が進んでいる上に、離婚歴が高まっている現在では、40代で婚活をする人が増えています。40代まで独身でいた人や、早く結婚したものの離婚し、40代で再婚を希望している人の多くが、婚活に力を入れているのです。そして婚活には、結婚相談所がよく利用されています。なぜなら結婚相談所では、的を絞った婚活が可能となっているからです。スタッフに依頼すれば、たとえば自分と同じ40代の人や離婚した人を、会員の中から探してもらうことができます。さらに相手の細かなプロフィールが紹介されるので、それを見て興味が湧いた場合には、お見合いをセッティングしてもらえるのです。会社など自分の活動範囲内で、40代で独身、なおかつ結婚願望がある人を見つけることは簡単ではありません。そのため40代の婚活はやや難しいとされているのですが、しかし結婚相談所を頼れば、自分と似た立場の人を、比較的スムーズに見つけてお見合いをすることができるのです。もちろん紹介された相手が断れば、お見合いは行われません。しかし相手も、結婚を希望して結婚相談所に入会したわけですから、お見合いはもちろん、そこから結婚を前提とした交際に至る可能性は高めと言えます。しかもお見合いの機会は1回だけでなく、結婚相談所の会員でいる間は、条件の合う相手が次々に紹介されますし、お見合いも何度もセッティングされます。中には、毎週お見合いをし、入会後3ヶ月ほどで成婚となる人もいるのです。そのため結婚を急いでいる人ほど、結婚相談所での婚活に意欲的に取り組んでいます。