周囲に関係を漏らさない

スーツの男女

話す機会を増やす

意中の相手が同じ職場に居る際のアプローチ方法として重要なのは、自分が好きな相手を周囲に知られないように気を付けましょう。上司や同僚の理解が得られてアプローチの協力者となってくれても、恋愛中の男女は周りが見えなくなり職場に私情を持ち込んでしまう場合があります。職場は仕事をする場所であり、社内恋愛をする場所ではないため必ず協力者は得ずに自分の力でアプローチを行う方が良いでしょう。社内恋愛では意中の相手と一度も会話をせずにアドレス交換をするなどはタブーです。逆に捉えれば急に同じ職場の異性から連絡先を聞かれたら脈ありと感じ取れるからです。頭の回転が速い人なら、好意を持たない相手からの急なアプローチは警戒する恐れがあるので積極的に職場で話す機会を設けましょう。部署が違う場合には職場のイベントに参加をして会う機会を自らの手で掴んでいくことがポイントです。仕事中に私情を持ち込むのは社内恋愛ではルール違反ですが、休憩時間に共通の話題を見付けて一緒に過ごすのも効果的でしょう。また、職場では同じ趣味を共有する仲間が居れば数人で意中の相手も含めて休日に出掛ける計画を立てるのもオススメです。あくまでも仕事仲間、趣味を共有する友人として周囲には接することは大事ですが、仕事が関係のないオフの日は行動に移して社内恋愛に持ち込みましょう。関係が上手く行ってから周囲に自分達が恋人同士だと伝えるのではなく、周りに話す時は婚約をした際に報告する形が一番周りに迷惑を掛けない方法です。